shop blog

アクタス・吉祥寺店 アクタス・吉祥寺店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目2-6
TEL
0422-23-7501
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。最新の営業状況はこちらをご覧ください 

Posts Tagged ‘テキスタイル’

写真を映えさせる為なら手段を選ばなくなってきたインスタグラム担当新卒F。

 


 

サーキュレーターで人工の風を送りたなびかせ、『カーテンをブラインドに吊るす』という文言だけではどういう状況なのかイマイチよく分からない情景を作り出す女。

 


 

思っていたのと何か違うのか、小首をかしげ中。を、「何がどう違うんだか全然わからん。」と思っている同僚に盗撮され中。

頑張れ!インスタグラム担当新卒F!!

 

というわけで、引き続きアクタス吉祥寺店のインスタグラム(←クリック☆)、元気に更新中です。

皆様是非ともご覧になってみてくださいね。

 

さて、多くのインテリアショップの中でも、「カーテンらしくないカーテン」が多く展開中のアクタスのカーテン。

その中でも吉祥寺店で人気のカーテンを今回はレース編で、ご紹介致します☆

 

まずはこちら。

トルコ産、アクタスオリジナルブランド『FABRICIA』の『シャン』です。

 


 

リネン100%。シンプルなのでカジュアルなドレープ(本体?のカーテン)にはもちろん合いますし、

縦糸使いが繊細で美しく、モダンなデザインのドレープにもオススメです。

 


 

そしてこちら。

同じくトルコ産、アクタスオリジナルブランド『FABRICIA』の『ミザン』。

 


 

細かいプリーツがついた、ラブリー以外の何物でもないナイスレース。

裾なんか、もう、本当にかわいいです。あまりの可愛さに気が付くと説明がなんだかアホな感じに。

 


 

そして真打登場がこちら。

言わずもがな同じくトルコ産、アクタスオリジナルブランド『FABRICIA』の『アロンジェ』。

 


 

好き過ぎてそっとお花を置く。

こちらなんと生地を3枚綴りで使用しておりまして、ワッフル状?と表現して良いのか、非常に立体感のある仕上がり。

 


 

外に人通りがあまり無い場合や、それほど日が強くないお部屋であればこれ1枚でも大丈夫です。

 

いかがでしたのでしょうか。

ご紹介したレースは全てアクタスオリジナルブランド『FABRICIA』のものですが、

デザインしてくださっているのは布の専門店を経営し、世界的に活躍されているテキスタイルデザイナーの南村弾(なむらだん)さん。

 

吉祥寺店からも電車ですぐの浜田山にお店を構えていらっしゃいますので、ご興味のある方は是非一度足を運んでみてください☆

お店の情報はこちら★

 

というわけで、他店舗に比べてメーカーの種類は多くないけれど、ハマる人はハマる生地がある店、アクタス吉祥寺店!!

 

皆様のお越しを心からお待ちしております。

といってもこのような状況が続いておりますので

皆様無理はせず、ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

本当に良い椅子とは、どんな場面においてもしっくりと、サマになる。

そう、それが例えば、

 

エレベーター待ちの時でも!

 


 

吉祥寺の空を見つめる(?)後ろ姿も!!

 


 

田んぼの前で憂いてみても!!!

 


 

というわけで(?)、吉祥寺店で本日から新企画が始まりました!!!

 


 

冒頭の写真の椅子(エレベーターを待ってるのがHIROSHIMA、田んぼでボンヤリしてるのがAOYAMAです。)は広島の木工メーカー、マルニ木工さんで製作されております。

木工メーカーとしては日本でも3番目に古い歴史を持つ職人集団マルニ木工さんの、痺れる程に技冴え渡るこの2つのシリーズ。

 

こちらをはいドン!!

 


 

ドン!!

 


 

ドドーン!!!と、

 


 

1階2階とガッツリ展示しております!!

その作りはまさに世界に誇る日本の家具そのもの。

 

そしてこの超絶にキュートな座面の絵柄。

張地で選べる『ミナペルホネン(mina perhonen)』の名作テキスタイル『タンバリン(tambourine)』は、

 


 

どれもこれも可愛すぎて、

 


 

この柄を『可愛い』と思うのは、赤ちゃんとか、子猫とか、子犬とかを、もう無条件に『可愛い!!守りたい!!!』と思うあの、『ズッキュン的感情』と似ているのでは…??

もはや個々の好みがどうとかではなく、本能に訴えかける柄なのでは…???

 

と、無駄にサイエンスな感じ(か?)になりたくなる程の破壊力をもつ可愛さ。

 


 

とても厚地で裏面が違う色なのは、何年も使っていくうち、生地が擦れて薄くなった時、

裏面の色が徐々に浮かび上がってきてそれはそれはもうなんだか良い感じになるという(語彙力)小粋な仕掛けです。

 


 

同じみのCHOUCHO柄もご用意しております。

 


 

他にもT&Oシリーズのスツールなど、

 


 

我々が全幅の信頼を寄せるマルニ木工さんの作品を一挙展示中です。

是非とも皆様に一度ご覧になって頂きたい。

 

そんな今回の企画は8月25日(日)まで!!

皆様のご来店を心からお待ちしております!!!!

 

 

to TOP