shop blog

アクタス・吉祥寺店 アクタス・吉祥寺店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目2-6
TEL
0422-23-7501
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休

Posts Tagged ‘デンマーク’

ヴィンテージ家具が来たぞーーーーッッ!!!

わーー!!積め積めーーーー!!!!!

わーーーーーー!!!!!

 


 


 


 

ヴィンテージが入荷すると積まずにはいられない習性を持つ吉祥寺店スタッフ。

そんな吉祥寺店で、こちらの企画始めます!!

 


 

もともとアクタス直営店の中ではヴィンテージ家具の多い吉祥寺店ですが、今回はさらにモリモリにご用意いたしました。

中でもお勧めの作品がこちら。


2階へつながる階段を上がりますと正面に鎮座しております。

真っ赤な座面が目をひく、しなやかなアーム、デザイン性のある背もたれの形状のチェアは

Ole Wanscher(オレ・ヴァンシャー)の作品です。

 


 


 

1930~1950年代に活躍したデンマークの家具デザイナーで、スカンジナビアデザインが世界的な人気を博した時の主要人物の一人でした。

ヴァンシャーの作品の特徴はエレガントであり、同時に繊細で、整然としているところ。

そして何の気なしに後ろに佇むブックシェルフは同時期に活躍した同じくデンマーク人のデザイナー、Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)の作品です。

代表作はスパニッシュチェアや、吉祥寺にも元々展示のある、デンマーク人なら誰でも知っているチェア、J39等です。

 


 

J39越しのブックシェルフ。ザ・モーエンセン。

J39は人気?というかもはや「あって当たり前」のチェア過ぎて別名「PEOPLES CHAIR(人々の椅子)と呼ばれています。

アームチェア¥138.000(+tax)

ブックシェルフ¥280.000(+tax)

 

そしてそして1階では、なんだか大変な事に。

 


 

キャビネット、リビングテーブルは皆大好き、アクタス従業員ときたらもう、

「キリンさんが好きです。でも、ウェグナーの方がもぉーーっと好きです。」状態(この表現、分かる方いらっしゃいますでしょうか…。)

になっちゃうHans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)によるもの。

 


 


 

生涯500種類以上の椅子をデザインし、20世紀の北欧デザインに多大なる影響を与えました。

ウェグナーの作品ではこちらも大人気です。

 


CH24通称Yチェア

 

キャビネット¥900.000(+tax)

リビングテーブル¥290.000(+tax)

 

ソファ、ダイニングテーブル、チェアはPeter Hvidt&O.M.Nilsen(ピーターヴィッツ&モルガード)作。

二人で設計事務所を立ち上げ、デンマークのインテリア業界の黄金期、1950~60年代を挟む約30年間家具や設計業界で活躍したデンマーク人デザイナーです。

 


 


 

素材の良さを余す事なく活かしたデザインが得意だった両者。

こちらのソファ、弓なりのアームの曲線が美しく、

 


 

後ろから見ても、どこから見ても、

 


 

なんならクッションめくっても死角無しのパーフェクトな仕上がり。

 


 

部屋の真ん中に設置を考えているお客様にお勧めかもしれません。

それにつながる背もたれの形状のチェアも、

 


 

なめらかだけどスッキリしていて、(なんか食レポみたいな感じに…)背中の当たりもいい機能美も兼ね備えます。

ソファ¥680.000(+tax)

ダイニングテーブル¥420.000(+tax)

ダイニングチェア¥158.000(+tax)

 

1950~60年代のデンマークの作者不明のものではこちらがお勧め。

 


 

出た眠たい系ヴィンテージ!!!

 


 

取っ手が眠そうなのがかわい過ぎますね。

キャビネット¥110.000(+tax)

 

お次はこちら。

取っ手と脚が真鍮、さらに素材がローズウッドという、おしゃれが過ぎるよサイドボード。


 


 


サイドボード¥398.000(+tax)

 

「そこにかわいいがある限り、何に使うかなんて問題じゃないシリーズ」。

 


 

あらー。

 


 

あららららら

 


 

あらー☆

謎に癒されるこのフォルム。

サイドチェスト¥38.000(+tax)

 

この他にもたくさんのヴィンテージ家具をご用意しておりますので、ヴィンテージ好きの皆様、是非ともアクタス吉祥寺店にご来店ください。

皆様のご来店を心からお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひつじ雲とVINTAGE家具

date. 2019/09/24

ひつじ雲て。

 

もう、名前がずるい(?)んじゃないのかと、お店の外で一人、訝しげに空を見上げる店員がいる店、アクタス吉祥寺店です。

 


 

秋ですね。

秋といえばヴィンテージ家具ですね。

自分で言ってて「は?」という気がしないでもないですが、あながち雰囲気、当てはまらなくもないという不思議。

というわけで、久々新しいヴィンテージ家具(わけがわからん。)が入荷しました!!

 


 


 

全て1950~60年代のデンマーク製。

今となってはとても貴重な木材、チークを使用しております。

 


 

細部にまでこだわった作り。お見事です。

 

新しい家具の中に1点ヴィンテージ家具というのもインテリアとして大アリです。

アクタス全店舗の中でもヴィンテージの展示が豊富な吉祥寺店。

 

ちょいちょいこっそり(?)入荷しておりますので、ヴィンテージ好きの皆様、是非是非ご来店ください。

スタッフ一同心からお待ちしております。

 

 

 

 

スタッフが実際持っている、使っているアクタスの商品を紹介する、プライベート切り売り型のシリーズ、

記念すべき第1回はこちら!!!

 

雑貨担当、マキノが初ボーナスでエイヤッ!と購入したデンマークのブランド、MONTANAシェルフです。

 


 

MONTANAのシェルフといえば、デンマークの一般家庭の3種の神器のひとつといっても過言ではありません。

ルイス・ポールセンの照明、フリッツ・ハンセンのチェア、MONTANAのシェルフ。

 


 

北欧好きならこれさえ抑えておけば間違いないブランドであるにも関わらず、現在日本で展開しているのはアクタスだけです!!!

 


 

 

・・・しっかし・・・なんというかこう・・・この写真の・・・微妙な角度の付け方・・・。

4枚もらって3枚がこれて!

 

マキノォーーーー!!!

 

ほぼ同じ!!これはほぼ同じ写真です!!!

逆になんかこだわりがあんの!?

 

んで画角近ない!!!?

MONTANAが画面にパンパンやん!!!!

 

あげく最後がこれて!!!!

 


 

ん!?ちょっと右!ちょっと右に寄った!!なんで!?

 

あっ、ガジュマルやんーーー☆☆ってなるかぁッッ!!!!

 

・・・もはやツッコミ待ちなのかと思って思う存分ツッコんでみましたが、それは良いとして(?)、

MONTANAの特徴としては、スタッフも皆「自分が買うならこの色・この形にしたい」と想像するほど、バラエティ豊富なサイズ展開と色展開。

 


 

用途やお好みにあわせて自由自在に組合せできます。

 


 

もちろん吉祥寺店にも展示がございますので、皆様「自分だけのMONTANA」を作りに、アクタス吉祥寺店に是非ともご来店ください。

専用のソフトを使い、その場でイメージ図、お見積もり等お作り致します!!

皆様のご来店を心からお待ちしております。

 

※マキノのご両親様、もしこのブログをご覧になってくださったのであれば、お嬢さんは初のボーナスを何に使ったのかもわからないようなアホな事に使わず、堅実に、楽しく、インテリアを学ぶ為に使用する、本当によく出来た同僚であり人物である事を心からお伝えいたします。

流れで派手にツッコんでしまい申し訳ございませんでした・・・!!

 

 

 

ブログ担当『今日のブログどうしましょう。』

弊店N店長『たくさん入荷したし、ヴィンテージがええんちゃう。』

ブログ担当『あ、そうっすね、いいっすね。』

 

~1時間後~

 

ブログ担当『今日のブログどうしましょう。』

弊店N店長『いやだからヴィンテージやろ。』

 

 

 

1時間前の記憶すら堂々とすっとばす吉祥寺店ブログ担当が、自分を心配しつつ今回ご紹介するのがこちら!!

 


 

 

 

・・・・・・親亀と子亀です

 

嘘です。もう、なんせキュートなヴィンテージをたくさん入荷させたもんだから置くところがなくなっちゃって、まさかの重ねて置くという暴挙、いえ、親亀と子亀作戦(もしくはブレーメン作戦)に出た吉祥寺店。

 

1950~60年代のデンマークのヴィンテージ家具をずらりと展示しております!

 

取っ手がなんだか眠たそう、なのがまたラブリーなチェスト☆

 


 

がっつりヴィンテージで揃えてみるのも素敵ですし、

 


 

アクセントに加えてみてもまたよろし。

 


 

大人気のファルコンチェアは、珍しいメタルフレームで展示中です。

 


 

またしても取っ手が可愛いシリーズ。

 


 

ヴィンテージ家具はそういう細かいところがいつも他にはない唯一な感じがあって、愛着が湧いてしまいます。

 

人の記憶はいつかなくなれど・・・本当に良い家具というものは受け継がれていくものですね・・・。

 

 

 

 

・・・今、脳内で同僚から

「お前のはいつかってレベルじゃないだろ。」

「うまい事言った気になってんじゃないよ。」

「『・・・』で無駄に余韻を持たせるのムカつくからやめろ。」

「仕事しろ。」

等と、矢継ぎ早に言われる未来の自分の姿がハッキリと想像できています。

 

そんな吉祥寺店(?)写真の他にもたくさんヴィンテージ家具をご用意しておりますので、

ヴィンテージ好きの方、ちょっとでもご興味がおありの方、是非是非この機会にご来店ください。

 

皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

 

to TOP