shop blog

アクタス・吉祥寺店 アクタス・吉祥寺店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目2-6
TEL
0422-23-7501
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。最新の営業状況はこちらをご覧ください 

Posts Tagged ‘シューメーカー’

インスタ担当に怒られ提言された「詳細(金額・スペック)をちゃんと書きなさいよ」を受け、

前回のブログ(詳しくはこちらをご覧ください!)でそれなりに商品の詳細を書き込んでみたところ、本日。

 

インスタ担当F「ブログ読みましたけど。面白くないですね、詳細って。

ブログ担当Y「だから言ったじゃんかぁッッ!!!

 

一回り以上年の離れた後輩に語尾が「じゃんかぁ」の突っ込みをしたのは恐らくコレが初めて、というくらいのズコー!!!感

ほどほどの詳細、読みやすく楽しんで貰えるようなブログを目指したいと思っておりますので、皆様、今後とも宜しくお願い致します。

 

またインスタグラムも元気に更新中ですので、是非ともフォロー頂ければ幸いです。

 

 


 

さて本日は元々人気ではあったが、

ここ最近の成約数・お問い合わせ数が半端じゃない。何がどうしてこうなった。

で噂のこちらをご紹介します!

 


 

今時珍しい木取りから完成まで全てデンマークで行っている、その名も「SHOEMAKER」

15~16世紀には形は出来ており、当初乳しぼり用の椅子として使用されていたそうです。

その後靴職人さんが愛用し始めた事から「SHOEMAKER(靴屋)」という名前で愛されるようになったわけですが…

 

「なんで急に?」「テレビ??」「何かの媒体で紹介された???」

 

とか言ってた家具担当全員(インスタ・ブログ担当含む)を、大原部長の「ばっかも~ん!!!」を全身で浴びる刑に処す。

※大原部長=葛飾区の派出所を舞台にした某長寿漫画の部長

 

なんと自分の会社(※ACTUS)のWEBサイトで紹介されておりました…!!!

 









 

大好評らしいこちらのページの詳細はこちらから☆

(※赤いSHOEMAKERはスタッフが自身で塗装したものです。)

 

アクタスのスタッフが実際にテレワークを経験して発見したお薦めのモノとコトを紹介するページの中でも、ダントツの登場回数!

 

見た目も可愛らしく、安定感も抜群。

お値段も

高さ42㎝(玄関や低めのテーブルに合わせるサイズ) 24.800円

高さ49㎝(通常のダイニングテーブルに合わせるサイズ)25.800円

高さ59㎝(キッチン等で少し腰掛けるときやハイテーブルに合わせるサイズ)30.500円

高さ27㎝高さ69㎝ (カウンターやイテーブルに合わせるサイズ)38.000円

とお買い求めやすいかと存じます。

 

なにより座り心地が素晴らしい!

ブログ担当も愛用しております!!

テレワーク用ではなくキッチンで腰掛けながら飲酒する用ですが!!!

 

人気の49㎝は店頭在庫もご用意ございますので、今大人気!のSHOEMAKER、皆様是非ともご覧になってみてくださいね☆

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクタスのスタッフもみんな大好き!Yチェアに続き、全員持ってんじゃないのか。な、ご存知SHOEMAKER STOOL。

 


 

木取りから作成まで全ての工程をデンマークで行なっており、職人さんがひとつひとつ丁寧に仕上げています。

デザインの原型は15世紀頃に出来上がっており、後に靴職人さんがより座りやすいように削ったんだか座り過ぎてお尻の形に磨耗したんだか、諸説ありますがそんなこんなでSHOEMAKER(靴職人)の名前で世界中で愛されております。

 


 

かく言う私も自宅で愛用しておりまして、ハイチェアタイプをキッチンに置いて、その上で体育座りしながら飲酒をするという、自分がSHOEMAKERだったら(←は?)こんな使い方はして欲しくない、という荒い使い方をしております。

 

さてさてそんな人気者のSHOEMAKER。

この度、「ACTUS50周年記念」としてビーチ材ではなく北欧産パイン材で作ったものが数量限定で発売されました!!!

 

それがこちら!!!!

 


 

・・・・・・似てるッッ!!!!!(既存のビーチ材と。)

・・・とは、我々が初見の際、その場にいた全員が脳内の中心で叫んだワードではありますが、ちゃんと見れば見る程、あの時そんな事を思った同僚をスクールウォーズよろしく全員横に並べて平手打ちにし・・・

これはどの辺の世代にまで通じる話でしょうか。

 

既存のSHOEMAKERと何が違うのか?

それは寒冷地ならではの年輪の幅が詰まったきめ細やかな木肌。

触るとはっきり分かる、年輪の境目の感触。

 


※全て職人の手作りの為、それぞれに個体差がございます。

 

一見似ているけど、見る人が見れば限定品なのがわかるという小粋さ。

良いではないですか・・・。

お値段¥34.000(税別)です!

 

こちら数量限定となっておりますので、ご検討中の方はお早めにーーー!!!!

 

 

to TOP